バンドルカード、9月開始の「マイナポイント事業」に参加

7月1日より申し込み受付開始

2020年6月16日

株式会社カンム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:八巻 渉、以下「カンム」)は、2020年9月開始の「マイナポイント事業」に参加します。

この事業は、マイナンバーカードの普及促進やキャッシュレス決済の浸透などを目的として総務省が実施するものです。
所定の手続き後、カンムの運営するブランドプリペイドカード「バンドルカード」にチャージすると、金額の25%にあたる残高を自動的に付与します(上限5,000円)。この付与分は通常のチャージ金額と同様に、Visa加盟店でのお支払いにご利用いただけます。
お客さまがこの事業を利用してマイナポイントを受け取るためには、マイナンバーカードの取得・マイナポイントの予約・マイナポイント申込が必要です。

■マイナンバーカードの取得およびマイナポイントの予約について■

詳細は総務省運営の「マイナポイント」ウェブサイト内「よくあるご質問」をご参照ください。 URL: https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/faq/#user

■マイナポイント申込について■

2020年7月から2021年3月末まで、バンドルカードの登録をしてチャージすることにより、申込ができます。

■バンドルカードで受け取れるマイナポイントの確認方法について■

2020年8月以降、アプリにてご案内します。


カンムは「バンドルカード」を通じて、より多くの方に、これからの時代にあったカード体験を提供してまいります。

■「バンドルカード」について■

「バンドルカード」は、最短1分で発行できる便利さと、チャージ式で利用金額がわかりやすい安心感で指示される、Visaブランドのプリペイドカードです。スマートフォンアプリに表示してネットショッピングで使える「バーチャルカード」のほか、日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店でご利用いただけるプラスチック製カードの「リアル」「リアル+(プラス)」が発行できます。

■株式会社カンムについて■

2011年創業の株式会社カンムは「経済を進化させる」ため「技術とデザインの力で、個が金融にアクセスしやすくする」を目標にサービスを提供している企業です。2016年にリリースした「バンドルカード」は簡単・便利なキャッシュレス決済手段として大きな支持を集め、240万ダウンロードを突破しました。また、株式会社フリークアウト・ホールディングスとの包括的資本提携や国際ブランドVisaが提供する「Fintech ファストトラックプログラム」への参加などで事業拡大に努めており、デロイト トーマツ社やFinancial Times社が主催する企業成長率ランキングで日本1位を受賞しました。
コーポレートサイトURL < https://kanmu.co.jp/ > プレス用画像URL < http://bit.ly/32OxneS >

■ニュースリリースに関するお問い合せ先■

株式会社カンム 広報担当: contact@kanmu.co.jp