「バンドルカード」のWebサイトでログインできる機能をリリース。ブラウザからでも明細が確認可能に!

株式会社カンムは、最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」のWebサイト版をリリースしました。アプリ以外でも、明細の閲覧やカードの利用停止、コンビニチャージができるようになりました。

2017年10月5日

株式会社カンム(東京都渋谷区、代表取締役社長:八巻 渉、以下「カンム」)は、最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」のWebサイト版をリリースいたしました。

パソコンからログインした場合のホーム画面

https://app.vandle.jp/

【バンドルカード 概要】

アプリを入れたらすぐに使えるVisaカード、というコンセプトのVisaのプリペイドカードです。生年月日と電話番号だけですぐにネット決済専用のカード番号を発行でき、コンビニ払いやキャリア決済等で先にチャージして使うタイプのVisaカードです。希望者には実店舗で使えるリアルカードもお送りいたします。日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店でご利用いただけます。国内初のビットコイン円建てチャージも実現しております。

【バンドルカードの特徴】

  • クレジットカードが持てない中高生などでも誰でも作れます。
  • カードを使えばカードを持てない中高生でも通販で代引手数料が無料になったり、フリマアプリの決済手数料がかからなくなって便利です。
  • チャージはコンビニやドコモケータイ払い、銀行ATMやネットバンクからできます。
  • チャージした分しか使えないので、ついつい使いすぎる心配から解放されます。
  • アプリの利用履歴で残高管理が出来るのでお金の管理ができます。

【バンドルカードのWebサイト版でできること】

  • 明細の確認
  • カード番号の確認
  • カードの利用停止/復活
  • コンビニチャージ
  • 設定情報の変更

これにより、スマートフォンを破損・紛失した落とした場合でも、パソコンや違う端末でログインしてすぐにカードを止めることができ、よりセキュアにバンドルカードをご利用いただくことができます。

また、機種変更やOSのバージョンアップでアプリが使えなくなってしまった、という時にも、ブラウザを開いてそのまま利用することが可能です。

カンムは今後も、バンドルカードを通して、これまでにないカード体験を提供してまいります。

【株式会社カンムについて】

株式会社カンムは、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(以下CLO)」を運営してまいりました。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入設備が一切不要なことが特徴のカード決済インフラを活用した店舗への送客手法です。既に200社近くの加盟店様の利用実績があります。2016年からは、若年層向けに、1分で作れるVisaプリペイドカード『Vandle』を提供しています。 詳細はWebサイトをご参照ください。https://kanmu.co.jp/

【ニュースリリースに関するお問い合せ先】

株式会社カンム 広報担当 MAIL: contact@kanmu.co.jp